福島の郷土料理とお酒

福島の郷土料理とお酒

東北の中でも米どころとして有名な福島県は、美味しい酒とおつまみの産地でもあります。
そんな福島県の郷土料理はお酒に合うものばかりです。

 

今回は、そんな福島県味を体験出来る福島県の郷土料理や地酒をご紹介します。
福島県の郷土料理でお酒に合うものとして外せないのが「いかにんじん」です。
名前だけを聞いたらどんな料理かわからない人もいることでしょう。

 

その詳細はというと、ニンジンとスルメ、コンブを細切りにし、醤油やみりんなどで甘辛く味付けしたシンプルな料理です。
ニンジン特有の甘みとスルメの塩辛さが絶妙にマッチし、お酒はもちろんのことご飯との相性も抜群な絶品料理です。

 

家庭はもちろんのこと、福島県の郷土料理を提供する居酒屋では必ずといって良いほど提供される定番メニューといえます。
会津若松市の郷土料理である「こづゆ」も居酒屋で出されたら嬉しいメニューです。
ニンジンやシイタケ、里芋、キクラゲといった野菜類をホタテの出汁で煮込みます。

 

さらにそこへホタテの貝柱や豆麩と呼ばれる一口サイズのお麩や糸こんにゃくまで入っているのです。
様々な食感が楽しめるだけでなく身体が芯まで温まるため、飲み会のお供として非常に重宝されているのです。

 

こうしたおつまみと一緒に食べていただきたいのが、福島県の地酒です。
米どころである福島県は日本酒の製造量が全国でもトップクラスです。

 

お米の旨味を最大限引き出す芳醇な甘みを持つ福島県の日本酒は、まったりとおつまみとお酒を楽しみたいときにピッタリなのです。
皆さんぜひ一度福島県の郷土料理とお酒をお楽しみください。

 

個人的にはこちらのお店が推しです。