鹿児島県の郷土料理と地酒

鹿児島県の郷土料理と地酒

九州地方で有名なお酒といえば焼酎ですよね。
特に鹿児島県では昔からさつまいもを用いた芋焼酎が全国的に有名な地酒として名を馳せています。

 

食文化はお酒とともに発展することが多々あります。
鹿児島県にしても、芋焼酎がさらに美味しくなるような郷土料理がいくつも生まれているのです。

 

今回は、鹿児島県の郷土料理の中でも特にお酒に合うメニューをご紹介します。
居酒屋などの飲食店はもちろんのこと、今やお取り寄せなどでも大人気商品になっているさつま揚げ。

 

これが、芋焼酎と驚くほどよく合うのです。
漁業が盛んな鹿児島県の風土を活かし、魚のすり身を食べやすい大きさに練り上げて揚げることでさつま揚げは完成します。

 

シンプルなおつまみに見えますが、使われる魚や油の加減などに細心の注意を払うことで初めて鹿児島県のさつま揚げの美味しさが生まれるのです。

 

居酒屋でさつま揚げを見かけたら、真っ先に注文して芋焼酎とともにお召し上がりください。
魚のすり身と芋の香りがお口の中で溶け合う様子は、まさに至上の喜びです。
つい何枚も食べたくなる相性の良さを体感してみましょう。

 

芋焼酎はおつまみだけでなくご飯ものと合わせても美味しくいただけるお酒です。
奄美諸島には鶏飯という郷土料理が存在します。
鶏肉の旨味と錦糸卵の繊細な口当たりが上品なこちらの料理は、芋焼酎の風味豊かな味わいとマッチするのです。

 

さつま揚げも鶏飯も鹿児島県の郷土料理を提供する居酒屋では当たり前のように見かける、メニューなのでぜひ芋焼酎と一緒に食べてみましょう。

 

色々なメニューが豊富で楽しい居酒屋ならこちらがおすすめです。https://r.gnavi.co.jp/3fj4absn0000/