鍋とワインの意外な関係

鍋とワインの意外な関係

居酒屋で年中提供されている鍋料理。
ビールや日本酒はもちろんのこと、焼酎や酎ハイと一緒に楽しむ方も大勢いらっしゃいます。
 

 

そんな鍋料理ですが、実はワインとも相性が良いという事実を知らない方は多いのではないでしょうか?
今回は、鍋料理に合うワインとその楽しみ方についてご紹介します。
最初は、赤ワインと会う鍋について見ていきましょう。
赤ワインは、濃い味付けの肉料理などと飲まれることが多いお酒です。
この性質に則って、鍋料理に置いても出汁の味が強いものと組み合わせるとより美味しくいただけます。
例を挙げるのであれば、最近話題のトマト鍋や豆乳鍋、すき焼きといった種類の鍋です。
こうした出汁に合わせて、
キノコやゴボウといったクセの強い味を持った具材を入れてみるとより味が引き立つことでしょう。
続いては白ワインです。
白ワインはあっさりとした風味を持った鍋ととても良く合います。
水炊きや寄せ鍋など、素材の味を生かした鍋と楽しみたいですね。
また、柑橘系の香辛料を加えると食材の味とワインの香りがより引き立つのでぜひ試してみてください。
ワインといえば外国産の物が頭に浮かぶ方も多いかもしれません。
しかし、最近ではブドウの名産地である山梨県を中心に日本全国でワインが盛んに生産されているのです。
石狩鍋や牡丹鍋など各地の郷土料理として知られている鍋には、その土地で生産されたワインが良く合います。
旅行をされたときは、ぜひその土地のワインと鍋を一緒に召し上がってみましょう。

ワインの種類や鍋との相性を知ることで居酒屋での飲み会は、また楽しみ方が広がります。
自分のお気に入りのワインと鍋の組み合わせを探すのも楽しいですよ。